FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

二つの映画に見た奇跡

 世の中の早い動きを追うだけで、精一杯な日々、天から降ってきたように、2つの映画を観る時間ができました。
とても印象的な作品だったので、ここで紹介させて下さいまし。

ひとつは、「あたらしい野生の地〜リワイルディング」。
 干拓事業の失敗で、45年間放置されていたオランダの大都市アムステルダム近郊の地に、いつの間にか生まれていた野生の地。
その一年を、美しい映像で追ったドキュメンタリーです。
http://rewilding.mejirofilms.com

圧倒的な映像美で描かれる生き物達の姿に、言葉も無く見入っていました。
新しい命が生まれ、育ち、戦い、そして死んでゆく。様々な生き物が、いつしか自分のように感じられ、喜びや悲しみの感情を越え、死さえも静かに受け入れられるような気持ちになっていました。
野生馬の、栄養満点の馬糞の上で、楽しそうに相手を選び、卵を産むハエ達の美しいことよ!
ウンコを、これほど神聖に描いた映画はない、と断言しよう。

兄弟のように思い入れて見ていた子馬が、栄養失調で死んでしまう。
けれども、彼が土に帰る前に、多くの生き物達を助け、育て、輝かせる。
見終わる頃には、心の深いところで、そうだ、そうだった、と、天に抱かれるような気持ちになっていたのでした。

人間達が、余計な手を入れない世界で、自然は、これほど美しく、たくましく完成されている。
311を思うまでもなく、私達は、本気で、自然に許しを請わねばならないと思ったのでした。


もうひとつは、ユーリ・ノルシュテイン監督による6本のアニメーション。
http://www.imagica-bs.com/norshteyn/

こちらも、言葉を寄せ付けない、心を震わせる作品集でした。
どのシーンも、とても切なく愛おしいのに、その理由が分からない。まるで夢で会った作品のようです。
主人公の、大きな丸い目から、ポロンと落ちる涙を見ると、たまらず走ってそばに行きたくなります。

と、ここで監督ご自身の言葉を聞くと、
「理解できないというのは、その人の脳や感覚が商業主義に陥っているから」
「作品を理解するために、自分を見つめ、自分と向き合うというのは、楽なことではありませんが、必要なことです。」

監督は、さらに、私達がこの大自然の一部であるという感覚が失われているとも言う。
それゆえか、監督はCGを拒み、ひたすら苦労の多い手仕事で作品を生み出す道を選ぶ。
ああ、私の中の、わずかに残った幼心が、この作品に拍手する。

この作品を観た人それぞれに、心に残るシーンは異なるとしても、気付くと皆、世界の高みを見つめている、そんな気持ちになる作品集でした。

いずれも、ハリウッドには無縁の、多くの人々の努力で上映に乗った、奇跡のような作品かもしれません。
機会があれば、どうかご覧になって下さいね!

スポンサーサイト

2017.03.30 14:59 | まのじレポート | トラックバック(0) | コメント(0) |

スパロウ・ふんふん

またまた、パータさまの日誌の本歌取りですが、、スズメ。

今のマンションに越して来た時に、ベランダで見つけた、
いくつかのフン。
これは、きっと、スズメが遊びに来ていたにちがいない。
楽しみぢゃ。
ところが、待てど暮らせど、なかなかスズメはやって来ない。
はて、新しい住人の、まのじがお気に召さないのかしら。

ならばここは、魚心あれば水心、まのじもワルよのう、と
お米を撒いてみましたら、間髪入れずに登場しました、スズメ。

かくして6年、親の代から子スズメ、孫スズメと、だんだん
ずーずーしくなるスズメ達ですが、確かに、居るだけで可愛いもの。
台風の時にも、彼らが現れると、ああ、もう暴風域は去ったな、と安心できます。

近所の医院が、庭に盛大にエサを撒いているらしく、その時間は、さっぱり来ないのも、分かりやすい連中ぢゃ。

町スズメが住処とするポイントも、だんだん分かって来て、
電線の接続部分や、風情のないコンクリ塀の穴など、ぴぴっと感知できるようになりました。
豊かな田園であれば、もっと気持ちのよいお家が持てるのにネ。

さて、スズメの道の駅のような我が家のベランダ、雨の日を狙って、大々的に水をまき、フン掃除をしなければなりません。
ホースの水のジェット噴射で、一気に洗い流します。
ところが、なかなか雨が降らない時期もあるもので、その時は
ベランダの下に人が居ないか、気をつけながら掃除をすることになります。

ある日のこと、ひな豆の会の、ひなさんさまが、書類を持って来られた時、たまたま水まき掃除をしていた、まのじ。
気づかなかったのですわ、彼女に・・・。

ひなさんちゃんは「あれ〜、ここだけ、キラキラ雨が降ってるう。
すずめさんが来て、かわいい〜♪」と、のどかに笑ってましたが、
ごめん、それ、スズメのふん入りレインぢゃ。

IMG_0289.jpg


2016.10.10 11:46 | まのじレポート | トラックバック(0) | コメント(4) |

カステラ追想

パータさまの、おやつタイムの日誌を楽しく読みながら、
そう言えば、と、長崎で食べた沢山のカステラのことを思い出しました。

くだんの松翁軒は、確か長崎の地で、日本の作家詩人たちとカステラのふれあいを描いた「カステラ文学館」という企画を、長く提供しておられました。
読むと、自然にカステラが食べたくなる、楽しいシリーズでした。
今も続いているのかしら。
オーナーのお話を伺う機会があったとき、当然、カステラを振る舞われたのですが、オーナーさんは「カステラは乾燥を嫌いますからね、話は後回し、先に頂きましょう。」と、カステラを包むようにニッコリされたのを憶えています。


もう十年くらい前のこと、長崎に転居して、その「食」の豊かさに、有頂天で暮らしておりました。
和洋中、何を食べても美味しい、面白い、歴史がある。
海のものも、山のものも、自然の素材に恵まれている。
中でも、単なるスポンジケーキの親玉と思っていたカステラは、
いやいや、堂々の芸術品だと認識を改めるほど、驚きました。

かつて外国に開いた港を持つ天領として、砂糖がふんだんにあった長崎。
甘さが豊かさの象徴となり、頭が痛くなるほど、ひたすら甘い甘い食文化を愛する一方で、洗練の極みのような「五三焼き」というカステラも生み出した長崎。
五三焼きは、素材も職人技も必要なため、量産ができなかったところ、近年、福砂屋が全国展開をして、その名を知らしめたと言えましょうか。

長崎カステラと言っても、お店によって様々。
求める人の好みも様々。
食感重視か、バラエティ重視か、供しやすさか、それとも甘さ?
いや、今なら波動やな(笑)。

長崎市民が、こよなく愛していたカステラのひとつに、岩永梅寿軒というお店がありました。
美味しいお店の宿命で、ここも量産しないため、予約なしで店頭で買えたら、それはもう、ラッキー!と小躍りでした。
お土産に期待していた旅行者の方が、売切れの憂き目に遭うところを、何度目撃したことか。

長崎を離れる頃に知った「幻のカステラ」もありました。
島原という、長崎市内とは全く文化の異なる町で、おじいさんが採算度外視して作っておられた、五三焼きカステラでした。
確か須崎屋さん。
和三盆を使ったカステラで、何気なく食べた東京の人が、目を丸くして大人買い(と言っても、そもそもの生産数が少ないので数本)していましたっけ。
今も健在でおられますよう。

手頃なものから、気の張る逸品まで、長崎の町には、いつも、どこにもカステラがありました。
町と友人達を思い出しながら、私もパクッと頬張りたいな、、
5cmカットで!






2016.09.30 20:59 | まのじレポート | トラックバック(0) | コメント(4) |

林檎一味火熾顛末記 其ノ三

〜野外食器の巻〜

自らの手で、焚き火はおろか、火をおこすこと叶わぬ、ボー然のりんご一味。
それでも次なるミッションは、容赦なく課せられたのでした。
「野外で水を飲むことのできる器を、作る!」
IMG_0608.jpg
このお手本を見ると察しがつくように、作り方は、至って単純。
木片の上にカンカンの炭を置いて、焦げたところを手近な石で削る、また炭で焼く、削る、さらに焼く、削る・・・。
うそ・・・。
気の遠くなるような根気・・・。
正直に言いましょう、まのじは戦線離脱。
想像しただけでムリムリ。

ところがですよ。
りんごちゃん達は、好みの木片を選ぶやいなや、嬉々として取りかかり、先ほどの火おこしも忘れて、黙々と器作りを始めたのでした。
IMG_0611.jpg
IMG_0609.jpg
IMG_0625.jpg
IMG_0615.jpg
IMG_0612.jpg
ある人は、深く深く焦がし込み、ある人は硯のように全面的に。
IMG_0634.jpg
IMG_0617.jpg
ある人は、少しずつ、ある人は、大胆に。
IMG_0620.jpg
IMG_0636.jpg


思い起こせば、りんご一味のその実態は、ひな豆メンバー、しこうして彼らの前身は、多くがグー陶芸教室の熱心な生徒なのでした。
その創作家の血がここにきて、フツフツと沸き上がったとしても、なんら不思議ではなかったのです。
IMG_0632.jpg

炊事棟は、一瞬にしてカルマ・ヨガの道場か。
聞こえるのは、木々のざわめきと、鳥の声。
そして、りんご一味の「ふう〜ふう〜」という炭を煽る音だけ。
IMG_0634.jpg
IMG_0623.jpg
IMG_0618.jpg
IMG_0624.jpg
IMG_0613.jpg



静かに時間は過ぎてゆきました。


しばらくして、あっちゃん先生によるデモンストレーション、作った木の器に、なま水を汲み、そこに真っ赤に焼いた石を落として、一瞬で煮沸する、という作業を見せていただきました。
自然の水を飲む時に、覚えておくべき知恵のひとつなのですね。
湧いてる。
IMG_0641.jpg
「飲めます。」
IMG_0643.jpg

まだ使ったことのないアウトドア用のバーナーやボンベの使用法も、この際習おうと、レクチャーを受けます。
IMG_0647.jpg
IMG_0646.jpg
けれども、その間も、りんごちゃん達の意識は、木の器に留まっているようでした。



やがて日も傾き、
IMG_0629.jpg
IMG_0616.jpg



しっかりと水を受けることの出来る器ができました!
じゃん!
IMG_0650.jpg
IMG_0649.jpg個性が出てますね〜。


今日一日のサバイバル術、その最後は、何かしら自然と語らう楽しみを見つけた幼子のようでした。
火に向かい、木に触れ、上手くいかなかったことすら満足な思いが残るような、ニコニコのりんご一味。
そして、私達に与えられている恵みを、改めて感じた一日でもありました。
皆さん、お疲れさまでした!

 * * *


〜結〜

山火事も起こさず、無事に火おこし行事を終えた旨、祝着であった。
皆々、自然を知り、巧みを知り、創造性を発揮せしこと、望外の結末であったことよ。
天晴(あっぱれ)なり。
それにつけても、送電、燃料、水道の手段が絶えた時に、真っ先に腰を抜かすのは、やはり、あの者であろうよのう。
なになに?
まのじ、ネコに学ぶと、そう申しておるのか。
りんご一味を「じ〜っ」と見ておった、あの黒白か?
ひたすら、じ〜っと見ていたネコが、ついに、一味のクッキーをせしめたとな。
ふむ、いかにも、まのじの生き残り術にふさわしいかもしれぬ。
まずまず、これにて、一件落着といたそう。



「ぴよ?」「にゃ。」
IMG_0651.jpg

2015.07.01 18:32 | まのじレポート | トラックバック(0) | コメント(4) |

林檎一味火熾顛末記 其ノ二

〜火おこしの巻〜

 そよ風の中でのティータイムも終え、さあ、火おこしにかかります。
IMG_0579.jpg
まあ、サバイバルとは言え、火おこしの道具は、ちゃっかり用意してあります。
IMG_0576.jpg
頃合いの枝に、細いロープを結びつけ、弓のような形に。
IMG_0578.jpg
ロープが外れないように結ぶのも肝心。「巻き結び」の実演。
IMG_0588.jpg
よく、ほぐした麻ひもを置いて、その上に、軽く穴の開いた火きり板を乗せます。
IMG_0580.jpg
IMG_0581.jpg
木の棒を弓の弦に絡ませ、弓を前後に引くことで、棒を高速回転させます。
摩擦熱でできた火種を、麻ひもの上にこぼし、そこで炎に育てる、、という寸法。
IMG_0583.jpg

分かりにくいですが、あっちゃん先生の手元から、煙が出ています。
「お〜。」
IMG_0586.jpg


ではさっそく、燃えやすいように、麻ひもをほぐしましょう。
手芸教室みたい。
IMG_0589.jpg
IMG_0590.jpg
うーたんさんの麻ひもは、りママのフェルトみたいにフワフワ。
手前のネズミのシッポみたいなのは、まのじの怠惰系麻ひも。
IMG_0591.jpg

いよいよ2人組になって、火おこし開始。
「きゃー、バランスが難しい!」
「どこを押さえる?」
「触ると熱いよ!!」
のっけから、にぎやかハイテンションですが、バランスよく弓を引くのが難しい。
IMG_0593.jpg
IMG_0592.jpg
煙はまだ見えない?
IMG_0597.jpg
あっちゃん先生が微調整して下さったり、摩擦面が増えるように棒を削ったり、
IMG_0601.jpg
IMG_0587.jpg
ここぞとばかり、5種さん達も大活躍ですが、しかし、煙まで遠い。
IMG_0627.jpg
ついに、2人組から3人編成で挑戦!
IMG_0599.jpg
どやっ!
IMG_0602.jpg
だめだ〜〜。煙が見えても、火種まで行き着かない〜。
IMG_0600.jpg
キコキコ、、、
シャリシャリ、、、
りんごちゃん達の必死の様子を見ながら、ふと、まのじの脳裏をよぎったのは…。
「コレかか様,侍の子というものは ひもじい目をするが忠義じゃ。おなかがすいてもひもじゅうない。」
歌舞伎のワンシーンであります。
湿度の多い梅雨時期に火をおこすのは、ひと苦労。
これを焚き火にするのも、コツがいる。
さらに、その火を安定させて料理をするのは、どれほどの技量が要ることか。
昔の人達は、お腹をすかせた子供達を横目に、途方も無い努力を重ねた末、七輪や炭という優れた技術を生み出したのかなあと、しみじみ思ったのでありました。

結局、この日は時間切れとなり、煙は立ったものの炎にならず、りんごちゃん達は心残りのまま、道具を置いたのでした。
IMG_0628.jpg

ここまでのところ、りんご一味に与えられたミッションは、・・・
ええい、みなまで申すな。
次回、このままでは終わらないゾ、意外な展開を見せる、りんご一味の大活躍に乞うご期待!




2015.06.27 16:11 | まのじレポート | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。